忍者ブログ

金子勝「憲法の論理と安保の論理」

[安保] ブログ村キーワード

金子勝『憲法の論理と安保の論理』が勁草書房から出版された。
『日本国憲法の原理と「国家改造構想」』の続編とのこと。

実は憲法系の本をどのように受け止めればいいのかいつも迷う。

解釈論なのか現状認識・分析なのかそれを踏まえた提言なのか、門外漢にはちょっと分り難いからだ。少なくとも刑法プロパーの人間としてはさっぱりわからないので困る。

まあ、そもそもこれが一般向けなのかどうかは議論の余地があるので、門外漢に(主張内容ではなく)分類がわからなくても問題ない気もするけどね。

そんな戯言はさておき、憲法改正が盛んに議論されている昨今、安保との兼ね合いについて考えてみるために、ちょっとした助けになるかもしれない。

憲法の論理と安保の論理

はしがき

序 章 二一世紀の人類の課題と日本国憲法

第Ⅰ部 二一世紀安保体制への道

第1章 「小選挙区比例代表並立制」の導入と民主主義の無力化

第2章 『橋本行政改革』と国家改造

第Ⅱ部 二一世紀安保の理論と「『安保』ファシズム」

第3章 『日米安全保障共同宣言』と「一九九七年ガイドライン」

第4章 「一九九七年ガイドライン」の法制化

第5章 「『安保』ファシズム」の躍動化

第6章 「『安保』ファシズム」の構造

第7章 国旗・国歌の制定と国家主義の台頭

第8章 ファシズムと日本国憲法

第Ⅲ部 「『安保』ファシズム」と日本国憲法の相克

第9章 狙われた日本国憲法「第九条」

第10章 今日の改憲阻止運動の課題

第11章 自民党「新憲法草案」と「『安保』ファシズム」

第12章 「グローバリゼーション」と『平和的福祉国家の宣言』

初出誌一覧

PR